ここにヘッポコGCBプレイヤーミコトのまったく輝かしくない戦歴を記す

ミコト小隊ほのぼの戦記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ミコト実験部隊隊長、新しい可能性を模索する
こんばんわ、ミコト実験部隊隊長クサナギミコトです。

本日、立川にて連邦の新IC「ミコト実験部隊」小隊をつくりました。理由は堀&実験用。
現在所持しているIC3枚(ジオン2枚連邦1枚+0083ロケテIC2枚)に実験や堀をする余裕が無いため、急遽連邦のICを作ったというわけです。

0083も3月15日に稼動が予定されている今日、急に新ICを作ってまで一体なんの実験をしていたかというと……


『ラストシューティング』


の実験でした。

きっかけはコチラ
疾風の世界(ガンダムカードビルダー)
http://hayate-hobby.seesaa.net/
このブログにて「ラストシューティング部隊」の実験が載っていたのを見た時でした。

そこでマリガンやニエーバなどパイロット向きではないキャラ(しかも低レベル)がさほど命中の高くない武器をガンガン当てる、これを見て0083に向けて子供ICをやめようと思っていた自分の脳裏にちょっとした考えがよぎりました。

「……ラストシューティングがカツレツキッカレベルでもガンガンあたるなら、0083でも子供ICをつくれるかな?」

それを考えたらいてもたってもいられなくなりカード一式をもって立川に走っていたというのが今回の経緯です。

ちなみに連邦ICだったわけは単純に子供は半壊ガンダムに乗るくらいしかラストシューティング使えないからです。

そして出来上がった連邦実験部隊、内容は

カツレツキッカ+操縦マニュアル+半壊ガンダム+ビームライフル(レア)

ドアン+ラストシューティング+Ez-8WR仕様(クロニクル)+ロケットランチャー×2

保護者兼両手持ちでどの程度あたるか見るために射撃下手のドアンを組み込みます。

さてデッキも組みあがり少尉なので演習場で早速実験開始!!



……といきたかったのですが



ここで思わぬ誤算が!レベル1の成り立て少尉になったために……CPUが無茶苦茶弱い!!というか攻撃してきません!!

こっちがラスシュー発動のために赤ロックして放置しても一向に攻撃してくる気配なし……。10秒ぐらいそのままにしても動き回るだけで一向に攻撃してこない……。

仕方がないのでドアンで一気に切り刻んで勝利し通常のフィールドヘ

気を取り直して再び出撃!!

とりあえずドアンを待機させて子供達の乗った半壊ガンダムを前進させます。
次こそは撃墜してくれることを祈って赤ロック!

よし、敵はちゃんと攻撃してくれた。あっさり半壊が撃墜されお目当てのラストシューティング発動!!

「よ~く狙ってっ!あ、もうちょっと右~」


ヒット数は2発ダメージは220前後、敵を撃墜には至らなかったがカツレツキッカのパラメーターを考えたら十分な数字である。
その後も2~3発で220~350の間のダメージを叩き出した半壊+子供
0083でラストシューティングの命中補正がどうなるかは定かではないがうまくいけばそれなりに使えそうである。

そうしてしばらく子供でラストシューティングを試した後はドアンで実験。

ラストシューティング+二重武装でどの程度当たるかの実験である。これにさらにクロニクルEz-8の強化炸裂弾が上乗せになるのでダメージは結構期待が持てる、出来ればラストシューティングを能力として持っているスレッガーがあればさらにオプションで威力を増せたのだが持っていないので断念。

敵CPUのレベルが低いのでEz-8だと中々落ちなくて苦戦(?)するがなんとかラストシューティング発動。

二重武装+射撃下手パイロット+ロケットランチャー(命中12)の三重苦のなか見事全弾命中し700以上のダメージをたたき出す、その後も外れても一発ぐらいでほぼ毎回全弾命中だった。
こうもバシバシ当たると中々楽しくなりドンドン撃墜されては敵を道連れにするドアン。
ただ、こうなるとEz-8だと中々落ちずにもどかしいのでデッキを変更しドアンを半壊ガンダムに載せてみる。
子供と違いドアンはオプション欄があくのでここで何を挿そうか選んでいると一枚のオプションカードが眼にはいります

『集中砲火』

一回の攻撃での弾数が増えるものVer2,02で命中が格段に下がる仕様になった為ただの弾の浪費と以前ここでも評したカードです。

半壊ガンダムは片手しか武器が持てないので高出力ジェネレーターなどをつけても劇的にダメージが上がったりはしません、ですがもしこの集中砲火がラストシューティングとうまくマッチすればダメージは倍!

さっそくデッキを

ドアン+半壊ガンダム+ビームライフル+集中砲火

艦長レビル

と編成しなおして、いざ出撃!

射撃重視のまま前進させていくと早速敵を発見、敵をロックしたら後は敵が攻撃してくれるのをまつ、そして狙い通り敵の攻撃で一撃で撃墜される半壊ガンダム!
ですが問題はこの後からです


ドアン「うおおぉぉ、ここは俺に任せろ!!」


咆哮とともに普段の倍の6発の弾が敵に襲い掛かる

6Hit! 628ダメージ!

実験は成功!見事に全弾命中し敵が半壊ガンダムに道連れにされる!!
その後も20回以上ラストシューティングを発動させたがいずれも5Hit以上のHit数でほぼ全弾命中といっても過言でない成果を残した。

射撃10のドアンでこの結果なのだからジュダックやテムでも同等の効果が期待できるし、半壊の場合はジュダックならコスト195!最低でも4回は敵を道連れに出来る計算である。
こんなラストシューティングデッキではあるが、注意したいのが青撃ちと弾切れだった。
半壊は武装がビームライフル一本のみなのでこれを破壊されるとどうしようもありません(レビルなら数秒で修理できますが)あと半壊では出力の関係でビームライフルの装弾数が9発なので途中で一回でも攻撃してしまうとラストシューティングで6発撃つことが出来ません。その辺が対人では難しいかもしれません。

本日結論としてラストシューティングの命中補正はかなり高いことが分かりました、残る検証はガルマ(新)でラストシューティング+集中砲火+アプⅢやスレッガー(新)でのラストシューティング+集中砲火+最終ガンダムBR3本持ちなどですが、いずれもカードがないので検証したくてもできませんのであしからず~。

ちなみにこのラストシューティングは0083ではロックしていなくても相手が攻撃範囲に入っていれば発動するので、もし命中補正が今のままならちょっと怖いですね(汗

なにはともあれこれで0083でも子供ICが作れるかもしれないのでちょっと嬉しい結果となりました

という訳で今回のレポートはこの辺でおしまいです。次回は前回の宣言どおり3月3日の大隊オフのレポになるとおもうのでよろしくおねがいします~。
[ミコト実験部隊隊長、新しい可能性を模索する]の続きを読む
スポンサーサイト
| GCB(連邦) | 23:05 | トラックバック:0コメント:4
ミコト少尉投擲で奮闘する(後編)
こんばんわ、連邦に潜入してジャベリンを投げまくっていたミコトです。

さて今回は前回の続きという事で……

前回のあらすじ

・意気揚々と中野ゲリラオフ邪武輪王(ジャベリン)決定戦に参戦したミコト少尉だったが、一回戦二回戦と連続してテム・レイに散々ジャベリンを突き立てられてすっかり『テムレイ恐怖症』に!
続く準決勝は現在唯一制限時間以内に相手を倒しているジム君……果たして勝負の結果は!?

邪武輪王(ジャベリン)決定戦準決勝……第1試合ではすでにリュートさんがトモミチさんを下して決勝にコマを進めていました。
そして第2試合は自分とジム君、いままでの対戦を見る限りフランシスを使ったガチデッキの模様。3回目の対戦にてはじめてのガチvsガチである(テムもある意味ガチだったがw)。
そして決戦の場はガンダム因縁の地サイド7、双方準備を終えていざ出撃!!

いままでは試合開始と共に索敵ダッシュをしていたがあえて今回は母艦の隣で敵を自分の領域に誘いこむ作戦をとる。
小さいマップの赤い点が高速でこっちに接近してくる、ジム君のかるガンダムが自分と母艦にロックをかける!
(うまく母艦と一緒にロックしてくれれば一気にジャベリン2本消費してくれるか?)
一瞬そんな考えが頭をよぎり防御重視に切り替え、だがそうはうまくいかずジャベリンのロックは自分だけを捕らえる、「しまった盾はがされるか?」と思うも幸運にジム君の先制攻撃はMiss!

今度はこちらの攻撃とジム君をロックするも攻撃は盾に阻まれる!互いに一本消費した状態でしばらくロックの切りあいとバルカンでの牽制が続くが建物をうまく利用してコッチがジャベリン投擲!機動重視だったジム君のガンダムにジャベリンが突き刺さる!
ジャベリンが尽きた自分は一気にジム君との間合いを詰める、ジャベリン投擲のロック範囲はグレネードやクラッカーに似ているので相手がジャベリンをまだ持っている状態なら近寄ったほうが安全だ、チマチマと粘着してなんとか一機目を撃破!!

だがこちらもかなり消耗しており復活してきた相手に会えなく一時撤退、前半はコチラの母艦よりの戦場だったが気づけばジム君の母艦よりのマップが戦場に!戦場をコチラの母艦よりに戻そうにもコストの関係で負けているのはこちら、今はとりあえずコッチの戦場で相手を落とすしかない。

そんななか自分のジャベリンがジム君のガンダムに突き刺さる!表示される「ガード崩し」の文字、続けてもう一回「ガード崩し」が決まりジム君のガンダムが沈む!
盾がない状態で格闘は機動重視で受けるのが定石だがおそらく銃火器と似たようなロック範囲を持つジャベリンにロックされ条件反射的に防御重視でうけてしまったのだろう(かく言う自分は機動重視のまま食らう人=防御下手)

なんにせよ残り20秒程度での撃墜、このまま逃げ切る形でなんと勝ってしまった自分……。

……決勝進出だって(;゚д゚)!?


一回戦勝てればいいな、ぐらいに考えてたので非常に嬉しかった反面かるいパニック状態w

そして間髪を入れずにはじまる決勝戦、相手はトモミチさんを退けたリュートさん、相手はおそらくロブ+伏兵。正直このお互いLv1、350コスト制限の状況で伏兵は脅威である。
とっさにコストの低いパイロットへの交代を考えたが基本ジオンの自分は連邦パイロットはまったく持ち歩いていない。
とっさにいつも持ち歩いているアンコモンファイルとレアファイルを開く
「……やはりロブ(コスト30)より低いパイロットはいない」
そんな事を思う自分に操縦マニュアルが目に入る……このとき自分に悪魔がささやいた


さて、お互いにデッキをセットし出撃準備を整えた両雄。司会のボライソーさんの合図と共に決勝の戦いの幕が切って落とされる!
突っ込んでくるリュートさんのガンダム……互いにロックしあい第一投!!

そこで会場に驚きの声が響く、それもそのはず画面に映ったのはカツ、レツ、キッカの三人組(そのうえクリティカル)!!

ははは、伏兵敗れたり!!

そう、こちらはガンダム+操縦マニュアル+カツレツキッカ+ヘンケンとデッキを組みなおしたのだ。
狙いは伏兵封じはもちろんの事、覚醒値マックスのカツレツキッカでクリティカルを狙いつつヘンケンの援護射撃で盾越しにHPを削るというもの……


………………


………


…の筈だったんですが。

甘く見ていました!サブパイの能力値の低さを!!orz

そう、攻撃がまったくといって良いほど当たらない!!
大きな誤算です、能力値は高くないのでそんなにあたりはしないと分かってたつもりですが、これは予想以上のノーコンっぷりです!!これでは母艦もテンションがあがらず援護射撃も期待できず!!

「認めたくないものだな、若さ故(ではないが)の過ちとは!!」

おかげで試合は共にMissばかり、ですがそこは(一応)正規パイロットのロブ少ないながらも的確に攻撃をかさねついにコチラは撃墜されました……。
再出撃後もそれは変わらずジャベリンもパンチもあたらない~、バルカンも1Hitというありさま。せめて一矢、一回で良いから格闘攻撃を当てたい!!
「うぉぉ、子供でありながら戦場を生き延びた者の意地をみせてくれー!!」

カツレツキッカ「ちゃんと狙えよ!3,2,1ちょい右!!」

願いが通じたのか最後の最後2秒ぐらいでクリティカル攻撃!!一矢報いて相手の盾を剥いで邪武輪王(ジャベリン)決定戦決勝は幕を閉じました。

終わった後に「ネタじゃなかったら勝てたと思いますよ」とも励ましてもらいましたが自分的にはそれなりな勝算をもって挑んだので悔いはありません!それにネタとしてもおいしかったですし!!(結局それか)

しかし初めて出た大会で準優勝という結果を残せたのは非常に嬉しかったです。次はネタを使っても勝てるように腕を磨いていきたいですね!


PS:いただいた準優勝賞品のキーホルダーは大事に使わせていだきます!あと大阪お土産ということでメイドムをいただきました、ありがとうございます~(゚ω゚)


| GCB(連邦) | 01:32 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

クサナギミコト

Author:クサナギミコト
ヘッポコジオン大佐 マインレイヤーミコト

ラストシューティングは集中砲火以外のカスタムは認めない!
最近はもっぱら機雷散布の鬼

爆殺上等!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー

本日落とされたケンプファーの数
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。