ここにヘッポコGCBプレイヤーミコトのまったく輝かしくない戦歴を記す

ミコト小隊ほのぼの戦記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ミコト中尉、大尉に昇格する
こんばんわ、ラストシューティングでまだまだ遊んでるミコト中尉です。
そんな自分ですが先日無事に大尉に昇格しました、周りはドンドン左官になっています……まあ、自分はあまり対人は得意じゃないので自分のペースでいきますがね。

ちなみにこの前キースブラックさんのトコロでこのブログを紹介してもらったところナント一日に落とされたケノプの数が倍に!!
おそるべしキースブラック効果!キースブラックさんどうもありがとうございました~。


さて、掘りこそ控えめになりましたがいまだチョクチョクいって特殊作戦ばかりやっている自分ですが先日の特殊作戦は



『先に母艦撃破したほうの勝ち』というもの



それを見て早速デッキを調整

シャア+ガーベラ+ビームライフル+ゲル盾+オプブー

ガルマ+ガルマザク+シュツルムファウスト×2+集中砲火

艦長:レム

普段の30弾丸デッキから魔法のステッキ二本持ち対母艦使用です。前回乗せた画像のように連邦だとラスシュー+集中砲火+強化炸裂弾の3つを乗せられるのでザンジバルだろうとドロワだろうと叩き落せるのですがジオンは強化炸裂弾がないので少々不安。

まあ、その辺は僚機のシャアにがんばってもらいましょう。という感じで早速出撃!!

ステージはサイド3

母艦を隅っこに配置していざ出撃!!

ガルマを真ん中ぐらいまで進ませてシャアで先行しようとした矢先にさっそく敵とかち合います。
やはり母艦を落とせば試合終了のため、相手も敵母艦めざして一直線だったらしく思いっきり真ん中でかち合いました。

相手は南瓜隊ハイパーハンマー&対艦装備仕様+艦長はブライトVer2

そして運悪く早押しで負け、ハイハンで殴られイキナリ瀕死のシャア!

ですがそこは特殊作戦、敵さん死にかけのシャアには眼もくれず母艦マッシグラ!!ですがそれはコチラもありがたい話

こちらも早速2機で母艦に張り付きます、だがここで誤算だったのが母艦に攻撃が当たらない!!

ラストシューティングにヤヤ不安があるため先にある程度母艦を削ろうとおもったのですが格闘攻撃をことごとく避けるブライト。さすがです……。

そんなことをしている間に敵の南瓜部隊は情け容赦なく我が部隊のギャロップをたこ殴り。あっというまに母艦のHPがピンチです!!

こうなったらコチラも奥の手を使うしかありません!マップバルカンと母艦からの攻撃で程よくHPの減ったガルマ機を母艦のロック圏内に配置、ロックさえされればたとえ母艦にその意思が無くても南瓜隊のほうが攻撃すればコチラも攻撃されます。

そして連邦軍の攻撃の文字が!

ブライトさんのかるミディア後期生産型の機関銃がしっかりガルマを落としてくれます。

さあ、イッツショータイム。果たして落ちるか落ちないか!!

「礼をいうよ、花を持たせてくれて」

シュツルムファウスト4発+頭部バルカン10発の計14発発射!!


結果は












12ヒット! 1130ダメージ!!








残念ながら全弾HITしなかった為に落ちませんでした(TT)一発分ほどのこってしまいました……、ラスシュー前の格闘が当たっていれば

この後ガーベラで落としにかかったのですが敵の攻撃の方が早く結局敗北……逆転はなりませんでした。まあ、相手も一瞬肝が冷えたでしょうけどね(笑)

まあそんな感じでしたが一応次の全国対戦ではなんとかガルマが意地を見せて勝ちましたので2戦1勝1敗。まあまあでした。

次はザクⅡ改でグレネードでやってみるかなぁ……。


さて話は変わりますが今週末3月31日に秋葉原のレジャーランドで

いぱらじ杯なるものがあります

詳しいことは赤津さんのブログに書いてありますのでそちらでどうぞ~!!

もちろん自分も参加予定です。ガルマ集中ラスシューデッキで参加予定ですがもう一ひねり入れたいですな。

制限コストが400~450ですからちょっときつそうですが。


それでは今回はこの辺で!返事はいつもの通りです!!
[ミコト中尉、大尉に昇格する]の続きを読む
スポンサーサイト
| GCB(ジオン) | 01:32 | トラックバック:0コメント:5
ミコト中尉全国対戦に挑む
こんばんわ、一息ついたといっておきながらついついGCBをやってしまうミコト@3Mです。

さて、今回は前回言ったとおり全国対戦の模様をお伝えしたいとおもいます。

とはいえ自分は対人はどちらかといえば苦手な方、タイマンとかなら少しは自身があるのですが……藁なんかでこられた日にはあっという間にやられてしまうのが現状です。

しかし、0083になってから特殊作戦というのが出てきました。文字通り特殊な括りでの全国対戦です、そして中にはこんな内容が



「単機出撃のみ可能」



……ワンダフル!!これなら思う存分タイマンを楽しめるではないか!

喜び勇んで早速特殊作戦に参加、実はタイマンに関しては一つ面白い目論見があった。それは以前に取り上げた「ラストシューティング」である。

奇しくも以前まで持っていなかったガルマザビVer2を入手したので前回やりたくてもやれなかったネタ奇策が使えるようになった

デッキは以下の通り



ガルマザビ(Ver2)+集中砲火+ガトシーフル装備+3連装ガトリング砲+グフ(コスト325)

艦長:ギレンザビ



戦場はオデッサ鉱山である

さっそくこの編成で出撃!それと同時に『敵部隊接近』の文字!!

開戦と同時に全力でダッシュする、この際に防御は考えない



視界に入る機体はRアムロ+最終ガンダム+ビームライフル×2



予想通りの編成である、700~900のコストで単機勝負ならば相手は高確率で一騎当千の機体でくる
そして伸びてくるロック、敵の速度から考えるに攻撃重視の赤撃ち。それでも防御やロック切りはしないあくまで前進あるのみ。最後にロックオンされる直前に攻撃重視に切り替える……



「迂闊な奴め!!」



アムロのお決まりの台詞でビームライフル3本の一斉放火がグフを襲う、グフの装甲ではそれに耐えられるはずも無くHPゲージが一瞬で0になる、ここまでくると口元に笑いがこみ上げてくる


「―――してやったりっ……」



さあっ、ショータイムだっ!!迂闊なのはどちらか思い知れぇぇぇ!!



「ありがとう、花を持たせてくれて」(Byガルマ)


ラストシューティングの台詞とともに画面に踊る『集中砲火』『ラストシューティング』の二文字

ガトリングシールド10発、3連装ガトリング10発、フィンガーバルカン10発、合計30発の弾丸がガンダムに襲い掛かる。

普段なら二重武装と集中砲火の効果で3~7発、多くて14発ぐらいしか当たらないがラストシューティングの命中補正は一味違う!!




28Hit 980ダメージ





グレイトッ!対戦相手には悪いが画面前で小躍りをする自分。
ラストシューティング+集中砲火は0079時代に半壊ガンダムで試したがあれの5倍の弾数30発撃ってこの結果は予想以上であった。

こちらは予備戦力の8割を消費して相手の予備戦力を完全に枯渇させることに成功したのだ。
そしてお互い2機目の機体で第2ラウンドの開始、相手はもちろん先の集中砲火を警戒して青撃ちをメインで攻めて来る。

武器を破壊&盾を使えば確かに集中砲火は無効化できよう、だがこちらとてそれは予想済み。相手が防御に入ったのならばコチラのやることは一つ、機動重視のままで相手を切り刻むだけである

ここからは相手との戦術の駆け引き!相手の動きを見ながら「機動重視」と「攻撃重視」をすばやく切り替える
相手が防御重視ならば機動重視でガンガン攻める、いくら最終ガンダムとはいえ青撃ちで落ちることはまずない。
そして攻撃重視ならこちらも攻撃重視で相打ちを狙う。

ここで注意するのは機動重視で敵の攻撃重視を食らうことと敵の母艦である。ラストシューティングを発動しやすくする為に装甲の薄い機体に乗っているので下手を打てば母艦に落とされかねない。
武器破壊に関しては一つだけなら問題は特にない、20発でも600近いダメージを出せるので耐えられるのはフルアーマーアレックスぐらいである(一度ミリ残りで耐えられた事があるこれに関してはHIT数が高ければ落ちるので神頼みである)


そして近距離での戦術の変更の結果2機目のグフがビームサーベルに切られて撃墜される。もちろん再びラストシューティングの悪夢発動!!



22Hit! 722ダメージ!



先ほどよりHit数こそ少ないがMSを撃墜するには十分すぎる数である。

これで相手は半壊ガンダム、コチラはグフ一機。
ちなみに相手がビームライフル2本持ちならこの半壊もまだビームライフル2本装備でグフを殺傷する能力は十分にある、もう思う存分ラストシューティングを楽しんだし引き分けでもいいのだが、もうひと頑張りすればネタでもかてる!

そうおもうと早速母艦を前進!マップバルカンで半壊をドンドン削っていく、この機体にもラストシューティングがあるため下手にグフで近寄れば相打ちで引き分けである。
母艦で削りつつ、通常の赤撃ちで狙う。半壊の装甲ならうまくいけば30発の弾丸で下手な鉄砲数うちゃ当たる作戦で落ちる。

一回目の集中砲火で4発当たり相手はミリ残り!逆にコチラの弾はガトシーフルと3ガトで各5発残す程度。
相手もそれをみて一機に赤撃ちでロックを伸ばす、ここで初めて防御重視その攻撃を受ける。体力を3分の2ほど削られるがあえて弾数の少ない盾を壊し弾数マックスの3連ガトに変わる。

あとは相手の射程エリアが復活する前に距離を詰めて赤撃ち!

発射数は15発、一発でも当たればコチラの勝ちである……



1Hit  23ダメージ




……なんとか一発当たってくれた(^^;)



ネタデッキ無事に初勝利ゲット!ネタを披露し且つ勝てたがなんとも綱渡りな戦術なためにとても疲れました。
実際、この後同じデッキで数回出撃しましたが母艦に落とされたりロックミスで落とし損ねたりと結構負けたりしましたし(勝ち3割引分3割負け4割ぐらいかな)……まぁ、30発ラストシューティングさえ出れば気分的には勝ちですから良いのですがね!!

ちなみに今日グフをガルマザクに変えてやったのですがガルマザクは最初の最終ガンダムの赤撃ち耐えちゃいました(゚д゚;)ダメジャン……

でもガルマザクの方が固定盾とかもあるし良いかもしれませんねぇ

まあ、そんなこんなで全国にはこんなラスシューデッキでちょくちょく出撃しているので自分とマッチングしたかたは青撃ちなんてしないでくださいね(ぇぇぇ


それでは今回はこの辺で~

コメントのお返事はいつも通り、今回は+α

[ミコト中尉全国対戦に挑む]の続きを読む
| GCB(ジオン) | 03:10 | トラックバック:0コメント:5
ミコト中尉0083でやっと一息
こんばんわ、クサナギミコト@3Mです0083になってから初めての更新です。

とりあえず初日に2パック掘って6枚引いたレアのうち新カードが1枚、しかも鍔迫り合いというオチが着いてガックリ絶望しておりました。

ですが先日、無事に「ガンダムGP01Fb」を引けてやっと一息ついております。

とりあえずお約束の引いた新カード晒し

【連邦】
キャラクター
・チャップ・アデル
・ラバン・カークス
・ディック・アレン
・グリーン・ワイアット
MS
・ガンダム試作1号機Fb
・ジム改(不死身の第4小隊)
・ジム改
・ザクⅡ後期型(地球連邦軍仕様)
・ジムキャノン(不死身の第4小隊)
・コアファイターⅡ
・コアファイターⅡFb
・Gブル(ビームライフル装備仕様)
武器
・ビームライフル(ジムクゥエル用)
・ジムライフル
・ハイパーバズーカ(ジム改用)

【ジオン】
キャラクター
・シーマ・ガラハウ(UC)
・ケリィ・レズナー
・ノイエン・ビッター
・ボブ
・ゲイリー
・ラトーラ・チャプラ
・オサリバン
MS
・ヴァル・ヴァロ
・リック・ドムⅡ(プロペラントタンク仕様)
・ゲルググ(アナベルガトー専用機)
・ザメル
・ドラッツェ
・ザクⅡ後期型(ノイエンビッター専用機)
・ザクⅠ(コロニー制圧戦仕様)
武器
・強化型ビームライフル
・シールド(GP02)
・スパイクシールド
・ビームライフル(ゲルググM用)

【カスタム】
・つば迫り合い
・生存本能
・衝撃波
・輸送部隊
・簡易メンテナンス
・ダブルロックオン
・強行軍
・工作部隊
・後方支援型オートパイロット
・強襲型オートパイロット

レアはGP01、つば迫り合い、ビームライフル(ゲルググM用)ですね。
とりあえずUCガトーの鹵獲能力でGP01使ってみたいなぁ、なんて画策してたりします。

個人的に使ってみていいなぁ、とおもったのは強化型BR。レンジは機体直前に長方形で展開されます、シュツルムファウストの射程をもう少し手前に持ってきた感じ。

これが消費エネルギーこそ高いものの命中16威力20と威力もたかく、その上3発撃つので回避されることも殆ど無く当たれば大ダメージです!

当てた頃はケンプFWにこれを持たせてバズ&強化型BRで高ダメージを狙って遊んでまして、もっとこれえらい沈みやすかったですが当たれば400~500ダメで結構破壊力があって楽しかったです

次に強いとおもったのはGP01Fb、まあレアですから強くて当然といえば当然なんですが……。とにかく機動20に側面後方移動時の機動減衰なしは恐ろしいですね、攻撃した後に敵の方向いたまま牽制しながら逃げれましたよ。

そして、さらに落とされてからも怖いのがGP01、なんせ機体がコアファイターⅡでやっぱりこれも速度減衰なし、しかも武装がビーム砲!
従来のコアファイターと違い攻撃重視で前方に攻撃範囲が展開されるので当てやすい&盾貫通!

実際、全国対戦をGP01Fbで背シルガンダムと戦った時に先に落とされましたがコアファイターで盾の上から削りおとせました。これが敵に回ることを考えると怖いですねぇ(汗)

まだまだ使っていない新カードがいっぱいあるんですがとりあえず掘りすぎで資金枯渇のために余り試せていません。掘る時は殲滅重視アプⅢでやってますから……。
次はザメルとか試してみたいなあ……680mm砲の威力を試してみたい!

そんなこんなで新カード報告をして今回はおしまいです。

次回は全国対戦について少し書きたいとおもっております、それでは今回はこの辺で~。

コメントへの返答はいつも通り~
[ミコト中尉0083でやっと一息]の続きを読む
| GCB(カード) | 23:29 | トラックバック:0コメント:2
力尽きそうです
始まりましたね0083、いまだにネット上にも情報が一切出回っていませんねノイエジールとデンドロ……。

堀まくっております、無茶苦茶堀まくっております。

0083になってからレア9枚引きました


つばぜり合い、クリス、バーニィ


アムロ




鹵獲兵器




グフカスタム




セイラ




ビグザム



ザクバズーカ核弾頭


だれかシャナクかバンダイに打ち込む核弾頭を・・・(ガクッ
| 未分類 | 02:00 | トラックバック:0コメント:1
ミコト小隊0079最後の闘争(後編)
こんばんわ、とりあえず新しいカード収納用のファイルを買ってきて500円を棒金で両替してきて0083への野望が燃え盛っているクサナギミコトです!

やっぱり目指すはノイエジールですね!有線クロー!!

さて、前回予告したとおり今回は北方遠征のレポートです、ではどうぞ~。

3月9日夕刻、自分は千歳(北海道)の地に立っていた、今年は北海道も暖冬だったために雪は少なかったがそれでも肌を刺す寒さは東京のそれとは段違いである。
もっとも一昨年まで北海道の人間だった自分にはこれぐらいの方がむしろ落ち着く。

実は先日急遽用事が出来て半年振りに実家に帰る事になったのだが、ここでふとラストシューティングの件でお世話になった疾風氏のブログを思い出だした。
ブログには千歳のゲームセンターを拠点にしていると書いてあった、そして自分の実家は千歳の隣町、電車で15分で着く。


これはもうGCB北方遠征しかないんじゃなかろうか!!


そう、思った頃には既に疾風氏のブログに「出撃予告分」を書き込んで今日に至る。

8時頃指定のゲームセンターに着く、GCBの筐体は直ぐ眼に入った。0083を目前にしても中々の盛況ぶり、うらやましい限りである。
一通り見回して疾風氏らしい人影が見当たらなかったのでとりあえず腕慣らしに少しプレイする事に、この日のために用意したデッキもちろんいつもの『子供デッキ』

1号機
アルフレッド・イズルハ
操縦マニュアル
陸戦ガンダムビームライフル
ガトリンクシールドフル装備
ガンダムBD2号機

2号機
バーナード・ワイズマン
オプションスラスター
アプサラスⅢ

艦長
シャア・アズナブル(レア)

自分の得意な子供デッキとアプⅢを合わせた感じの編成です。

画面では珍しく無差別の『ジャブロー地下基地』が出ていたのでそこに乱入、鬼神ノリスデッキを使う人と対戦し辛くも勝利。
4クレほどやって一服していると同じく休憩している人に話しかけるとやはり疾風氏はまだ来ていないらしい。
疾風氏の仲間であるマメ氏ソロモン氏等とかるく会話をして待つこと数分、予告どおり黄色い鞄をもって疾風氏が登場!早速挨拶をして握手を!自分がコチラの出身であることをいったら驚いておりました~。

そんな訳で無事に疾風氏と会うことは出来たのですが、如何せんサテが満席で直ぐには対戦できない状態……結局それから2時間ぐらいしてやっとこさ対戦にこぎつけました!

コチラの編成は上記の通り

戦場は「ア・バオア・クー宙域」

戦闘開始とともにバーニィのアプⅢを先行させて攻撃重視で敵を牽制、すると猛烈な勢いで突撃してくる機体が一機

伏兵着きエルラン+ザクⅡ改Bタイプ

とっさにアルとバーニィでリンクロックし盾を剥がしてHPを3分の1削る、ここで一旦エルランが引くと思ったのだが予想に反して深追いしてくるエルラン。
アルにクリティカルを食らわせバーニィのアプサラスに関しては青撃ちをしようとした所を格闘で接近され深手を負わされる。
疾風氏はアプⅢが苦手らしいが、それを微塵も感じさせない攻撃である。

だがコチラもノコノコ東京からやってきてやられてばかりいくわけにもいかない、アルの格闘で一太刀浴びせるとバーニィの赤撃ちで撃退することに成功する。だがコチラの被害(とくにアプⅢはこの時点でHP4分の1ほど)も深刻だ。
だが間髪をいれず疾風氏の第二陣がくる機体はまたしてもザクⅡ改Bタイプ、パイロットは伏兵着きジュダック

『…伏兵藁?でもその割には小出しだなあ??』

しかもこの機体も先ほどのエルラン同様やや特攻気味、あまり疾風氏の意図が読めずに困惑するがその一瞬をつかれてしまう

ジュダックの格闘攻撃が防御表示のアプⅢとBD2号機にあたりあえなくバーニィ一時リタイアに……

こちらも負けじとEXAMリミッタ解除状態のアルで射撃重視×3でロックしますが盾で防がれてしまいまう。

そんな折遥かかなたからアルに向けてロックが伸びてくる「…マゼラントップ砲か?」とおもいアルをジュダックを追いつつ前進させるとそこには・・・



ソーラーレイの姿が!!



「しまった、2機の特攻はこれを気づかれない為かぁぁぁぁ」

急いでアルを最後部まで後退させるがソーラーレイの射程はそれでも振り切ることが出来ない!

哀れアルが光に飲み込まれて一時退却……


すっかりしてやられた、まさかソーラーレイデッキだったとは……、しかしネタが分かればさして脅威ではないのがネタというもの、BD2号が復活し次第格闘で張り付いて落とせば残りはザクⅡ改のみそう思ってバーニィの復活を待つことに。

だが、このとき既に自分が疾風氏の掌の上で踊っていることには微塵も気づいていなかったのである

アルが直ぐに落ちたのでバーニィが一気に5秒で復活する、それを見てジュダックが攻撃を仕掛けてくるがうまく側面を取り瀕死に追い詰める。

この後アプが格闘を一撃食らうがジュダックが母艦に気を取られたところを背後から復活したアルのヒート剣で引導を渡す。

これでソーラーレイの護衛は復活してきているであろうエルラン一人、一気に戦線をあげて追い込みだ!

と思ったのだがマップの中ほどにきたアプⅢにふと敵陣の最深部からロックが伸びてくる

ロックしてきたのはキャリオカの乗るこれまたザクⅡ改Bタイプ、ただしその手には装弾数一発のザクバズーカが……



「核ですかぁぁぁぁぁぁぁぁ!?ヽ(゚д゚;≡;゚д゚)ノ」



発射される悪夢、光る宇宙、そして蒸発するアプサラスⅢ

「恨みはしない、俺に運が無かったんだ……」

悲しい台詞を残してバーニィーが退場、相手が4機に対してコチラはついにアル1機に……

だが単機がけはこちらの得意とするところ、機体の機動もこちらが僅かながらに勝っている、勝機はまだある!!

早速アルを核を補充しに画面左上方ももどったキャリオカの元へと直進させる……と見せかけて途中で90℃方向転換し画面上方中央に鎮座するソーラーレイに格闘攻撃!!

そのまま真っ直ぐ右に駆け抜け適度なところでUターン、追っ手にロックされるよりも早く今度は攻撃重視でソーラーレイに再度攻撃!これで巨砲のHPを半分にします。

そして今度はWダッシュで追っ手を抜き去りその奥にいるキャリオカにダイレクトアタック!!
ですが訛っても軍属のキャリオカ、アルの攻撃を2回とも回避!!

この後またUターン→レイ攻撃→Uターン→キャリオカ、母艦攻撃を行いますがついに狭まってきたザクⅡ改の包囲網につかまりガトシーフルが剥がされてしまいます。

格闘が1回になってしまったので仕方なく攻撃重視×3でレイを攻撃しますがHITしたのは僅か3発……撃沈には至りませんでした。

ここで先ほどと同じ通路でUターンして母艦&キャリオカを叩きたかったのですがエルランに通路をふさがれていたので仕方なく大回り。なんとか2機を振り切って母艦&キャリオカに赤撃ち×3で攻撃!!

キャリオカを瀕死にしますがここでBD2号機はビームサーベルと青撃ちのバルカンを除いて全て枯渇!!

ですが、とりあえず格闘さえ使えれば問題なし!とUターンしてレイに止めを刺します、これで敵は予備戦力枯渇。瀕死のキャリオカザクさえ落とせればゲージ差で局地的勝利も可能か!?

ですがここでレイを落として気が緩んだのか補給に戻ろうとしてしまったのです……直ぐに自分の過ちに気づいて機体を反転させますが時既に遅し……キャリオカザクの核バズがしっかり自分を捕らえています(汗)



「ええい、一か八か核を避けてくれアルゥゥゥゥ」



どうせ核なんか防御しても耐えられないので、いっそ僅かな可能性にかけて機動重視で核を受けるアル……







UC0079アルフレッド・イズルハは核の炎に包まれた






はい、やっぱり避けられませんでした!これでアルが撃墜されコチラの敗北で疾風氏との対決は幕を閉じました。

いやはや、まさかコスト1000のデッキにソーラーレイだけならともかく核まで載せてくるとは!!完全に裏をかかれました!!

一回の戦闘で核2回レイ1回も食らうなんてまずないですからね~、大量破壊兵器はコストが高いという思い込みを利用してキリングでコストを下げ、弱い機体を伏兵で強化し、果てはレイまでもを囮にして見事な作戦でした。さすがは北の雄「疾風氏」です。

ネタデッキで驚かせるつもりが逆にコチラが驚かされてしまった……まだまだ自分も修行不足ですね(T_T)

そしてこの後ALTEZZA氏とアプⅢでメガ粒子砲の撃ちあいをして帰路に着いた、対人は5戦(3勝2敗)と多くは無かったが内容は濃かったので大満足であったし、千歳のまったりと和やかなムードは関東G戦線のそれとは違いまた良い感じでした。

疾風さん北海道の皆様、次帰郷する時も連絡するのでまた是非相手をしてください。

それではおそらくこれで0079のブログ更新は最後になると思います、皆さん15日に稼動するGCB0083の全国対戦でお会いしましょう!!


最後にウチのエースパイロット「アルフレッド・イズルハ」


子供ですがなにか?

【射撃25 格闘25 回避25 覚醒20】

いつも通りコメントのお返事は追記で~
[ミコト小隊0079最後の闘争(後編)]の続きを読む
| GCB(ジオン) | 01:07 | トラックバック:0コメント:2
ミコト小隊0079最後の闘争(前編)
こんばんわ、0083まで秒読み段階まできましたね。とりあえず15日は仕事休みでヤルキ満々のミコト中尉です。

実は自分3月7日から北海道へ帰省していました、そして本日やっと北海道から東京へ帰ってきたというわけです。
やっぱり北海道は寒かったですが道産子の自分としてはあの寒さは逆に落ち着くので良いですね。

さてそんな訳で本来の予定から大幅に遅れてしまった0079最後の大隊オフと今回の帰省…もとい北方遠征のレポートを前編後編にまとめてどうぞ!

3月3日、世間では俗に言う桃の節句。だが我々カードビルダー男児にはそれは無関係なイベント。0079最後となる大隊オフに向かうべくカードデッキを背負い立川へと向かう。

20分程自転車をこいで立川に着くがいつもの集合場所は人がまばら、それもそのはず3日のオフ会は大隊スキー大会と日にちが被ってしまい、そちらに数名流れたのだ、かく言う自分もスキーは行きたかったが装備不足+GCB分(?)不足のため今回はGCBの方になったというわけだ。

残念に思いながらも先に来ていた903大隊長に挨拶をして席に着く、この日の為に育ててきたコドモデッキ、アルフレッド・イズルハ(Lv23)。先の赤津氏の送別会で披露はしたが本命はこのオフ会だったのでさっそく子供ICを指す、人が少ないとはいえそこは大隊オフ、対戦相手は直ぐに決まった。
先の邪武輪王リュート氏である、今にして思えば邪武輪王決定戦の決勝でカツレツキッカをジャベリンガンダムに乗せたのが自分の子供デッキの始まりであった、あの日子供を乗せているということで驚かせはしたが反面何も出来なかった(攻撃が当たらなかった)事が悔しく

『ならばエースパイロットも真っ青になる子供を育ててやろうではないか!!』

などという迷惑な考えが思い浮かび今日に至る。

そんなある種因縁の試合であるが実は今回リュート氏の方も操縦マニュアルを使った『ガルマイセリナデッキ』であった。
(ちなみにこれは赤津氏送別会でイセリナ育成をしているという話を聞いていたので楽しみにしていたのだ)

こちらは対人用のいつもの編成
アル+操縦マニュアル+陸ガンBR+ガトシーフル装備+BD2号機

バーニィ+精鋭部隊+ガトシー+MMP-78マシンガン(対空)+ケンプフル装備

艦長:シャア

対する相手は

ガルマ+ゲルググエース専用機

イセリナ+操縦マニュアル+ゲルググエース専用機

だったような気がします、ちゃんと覚えてなくてすみませぬ(ぇぇ)

戦場は無差別のニューヤーク

普段無差別とは無縁なGCBライフなのでちょっと不安だったがとりあえず索敵スタート(もっともアルの能力で敵の位置はわかるので正確には特攻に近いがw)
敵は直ぐ見つかったがあっさりと敵のロックに捕まってしまう、ガルマのイセリナのラブラブ(!?)格闘攻撃を受けるがアルが攻撃を回避!

反撃に移ろうとするも中々ロックができない!マシンガン系の武器を持たず接近しすぎた状態で当てようとする自分も無謀だがリュート氏のカード捌きの前にことごとく切られるロック。

そんな事をやっている間に装甲の薄いバーニィのケンプが先に落ちる、手負いの敵機をEXAMリミッター解除アルで追撃して落とすも、アルも直ぐに落とされてしまいこちらが先にゲージ枯渇。

その後は幾分冷静に対応できたので、僅差で局地的勝利をものにすることが出来た、正直あちらのイセリナはレベル12でやや足を引っ張るレベル、ガルマも決してレベルが高い訳ではなかったのでこちらが有利な状況だけに自分の下手なカード捌きにガックリと来てしまった。

そしてその後はいつも通り堀に専念したが発掘されたのが


4枚目のシャア専用ゲルググ(背部シールド仕様)


orz <ショウさん、トレードはレート低くていいですから是非に(苦笑

ちなみに、ジュウザさんがを引き当てたメイは自分のゲルググ以上に光って見えました!!

そんな訳で自分の0079最後の大隊オフはここで終了、飲み会の方は予想以上に堀にお金がかかってしまった為、今回は断念。次回は0083の情報交換などもあるだろうので絶対に出席したいものである。

さて、とりあえず前編はここまで。後編は北方遠征の全貌(?)を一挙公開!

北の雄疾風氏にミコト小隊はどこまで戦うことができるのか!?

次回『ミコト小隊0079最後の闘争(後編)北国の猛者達』をお楽しみに~

返事はいつも通り続きに~。
[ミコト小隊0079最後の闘争(前編)]の続きを読む
| GCB(ジオン) | 02:19 | トラックバック:0コメント:2
| ホーム |

プロフィール

クサナギミコト

Author:クサナギミコト
ヘッポコジオン大佐 マインレイヤーミコト

ラストシューティングは集中砲火以外のカスタムは認めない!
最近はもっぱら機雷散布の鬼

爆殺上等!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー

本日落とされたケンプファーの数
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。