ここにヘッポコGCBプレイヤーミコトのまったく輝かしくない戦歴を記す

ミコト小隊ほのぼの戦記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ミコト大佐、戦いは数じゃない!?
こんばんわ、今日も今日とて機雷を散布クサナギミコトです。


今日は立川でトレードをしてきました、コチラの放出がジムスナイパーⅡWD仕様であちらの放出がビームマシンガン+アクトザクでした。
チョットこちらの鮫気味でしたがあちらが提起したトレードなので無問題ということで……

なにはともあれミコト大佐ついにビームマシンガン初ゲットです!

ゲルググJ-SM専用機に装備して早速試運転です。

感想としては……非常によいですねぇ、さすがは人気の武器です。青撃ちの長めの射程や赤撃ちの時の手元をカバーする射程、使いやすいですね~。

あと個人的には被弾時のアニメーションも好きですね~、ビーム弾が間髪をいれずにベベベベッと当たる様が結構好きだったりします。

ゲルググ系にビーマシ両手持ち+ゲルM盾装備だと結構バランスいいので今後なんとかデッキに組み込んでいきたいですね。

さてそんなビームマシンガンの初運転でしたが今日は機雷デッキで全国対戦特殊作戦にいってきました。

今回の特殊作戦は「女性キャラ限定戦」

普段から女性ばかりMSに乗せているのでもってこいの特殊作戦ということで早速参戦!!

出撃デッキは

UCシーマ+ガーベラ+ギャン盾×2+オプションブースター

艦長 ユウキナサカト

コスト575の単騎だしです、ちなみに前回同じ構成で近コストと当たったので今回もすっかりそのつもりで参加したのですが……、いざ「戦闘シュミレーター発動」の文字が出た後に

相手 階級:大佐 コスト:1125

……あれ、近コストじゃなかったんだっけ?
滅多に全国対戦をやらないものですからスッカリルールに疎い自分、昇格したてだというのにコストが2倍近い相手に挑む羽目に(泣)

まあ、始まってしまったものは仕方が無いので腹を決めていざ出撃!マップは地上のトリントン基地、さっそくガーベラを前進させて敵情視察

目に入ってきたのはドムトローペンが3機、密集はしておらず敵陣に拡散して陣取っております。

その中の突出してきた一機相手に青撃ち(110mm機関砲)で先手を打ちます、ドムトロに乗ってたのはメイ+対抗心付き(ちなみに他の2機にはアイナとシャルロッテ、艦長ハモンでした)
さすがに先手は防御されましたが機雷デッキの真髄は此処から!3機編成とはいえ密集していないので安心してゼロ距離爆撃を敢行できます。

そして戦闘アニメーションが終わるのを待って敵にさらに接近して機雷散布!

ですが敵はドムトローペン、その上トリントンは砂漠部分もあるために機動力が結構高い!
交戦直後ドムトロが後退したために目論みむなしく不発となった機雷ですが直後攻撃の為に直ぐにこちらに向かって来た為に数発HIT!

他の2機も集まってきたので直ぐに其処を離脱しマップの中央辺りに牽制用に一回(6個)散布

敵は3機編成にも関わらずに密集せずに個々に距離を取って間合いを詰めてきます、こちらも3対1ですのであまりムリに接近して爆撃はせずに敵の軌道上に機雷をしかけて少しずつダメージをあたえていきます。

コチラのデッキの場合複数相手の時は塊でごり押しで攻められるのが一番苦手なのですが……、今回の場合、機体同士の距離がやや開いていたのでつるべ打ちをあまり気にせず闘えまして、結果としてコチラが先に一機落とし、続いて2機目を落とし相手の予備戦力を枯渇させることに成功してしまいました!

撃墜パターンとしては一撃では沈まないHPで攻撃を仕掛けてくる敵に防御重視で目前に機雷散布→敵が機雷を気にせず突っ込んで攻撃を仕掛けてくる→青撃ちで先手をとられて撃墜

……というパターンでした、普段そんなにマップでダメージを食らうという状況になれてないからなのか3分の2からHP半分ぐらいでも機雷を気にせず突っ込んできましたね。
実際HP半分ぐらいの状態で目前で散布された機雷をまともに喰らえば機体によっては一機に赤ゲージです。

さて、そんな奮闘していたガーベラですがさすがにダメージ累積の為に撃墜され、続いて母艦も撃墜されてしいます。

のこり1分20秒程残した時点でゲージこそイーブンですがコッチは母艦がない分補給が出来ない上に敵は3体……、勝っているものといえば機体のスペック程度という不利な状態

こうなった以上、取るべき作戦は一つ。3機のうち最後まで残っていた手負いの一機を落として残り時間を逃げ切る!

非常に情けないですが母艦がない以上それ以外に作戦がありません。

手負いの一機はマップの一番奥で母艦と一緒に回復中

全快の2機を機雷で牽制しつつ手負いに接近していきますが二機に挟み撃ちに会い、目前で盾が1枚破壊されてしまいます!
しかし、こちらもそれで済ますわけには行きません交戦後にボーナスダッシュを利用して一機に包囲を突破し、マップ右上で母艦と一緒にいる敵を撃墜!

その後、一気にケツをまくって全速力で自陣方向に逃げ帰りました。

この時点で残り時間50秒程、ガーベラのHPは7割、敵は2機(残りHP8割と5割)と母艦……逃げ切れるかどうかは微妙なラインです。

敵もゲージの上で先行されたので危機感を感じたらしく一回MSを全機右上に集めた上で包囲網を展開、母艦を含めた3機でじわじわと間合いをつめてきます。

コチラは中央付近に残り散布できる機雷を全て散布し牽制体制を作ります

さすがにいままで機雷を散々浴びているので少々敵の足は鈍りましたがそれでも確実に包囲網は狭まっていきます。
その上、3機操作から2機操作になったためにMS操作の精度もあがっている為にそう易々とは抜けられない様子。

となると突破できそうなのは母艦しかない!という事で母艦に青撃ちで攻撃を仕掛けます。反撃を食らうもボーナスダッシュを利用してなんとか突破に成功します。

今度はこちらがマップの右上に逃げ込みましたがUターンしてきていたMSが攻撃有効範囲までせまって来ていました。

残り時間は20秒、移動速度と自機との距離からして相手の狙いは格闘攻撃、盾は一枚ありますがコチラの機体もゲージは既に赤で下手に盾で防御したら堕ちかねない状態……相手が手負いのメイ機という事もありコチラも機動重視で真っ向勝負の賭けに出ることに!

先攻はメイ!

LvMAXとはいえ相手はメカニック意地を見せてくれシーマ様ぁぁぁ!!

祈りが通じ方のか攻撃を避けるガーベラテトラ!

その後のコチラの攻撃もかわされてしまいましたがとりあえずコレで極地脱出!回頭性の悪いドムトロの死角を利用して一気に抜きさり、その後なんとかタイムアップ!

セコイ勝ち方でしたが3vs1で勝利をもぎ取ることが出来ました!!

勝因は、3機操作vs1機操作だと精度にやや差がでたのでその為にかなり機雷を叩き込むことが出来た辺りでしょうか?複数相手にする時はやはり機雷が頼もしいですね


「戦いは数じゃないぜ、兄貴!」


まあ、勝てたのは最後の交戦時の運がよかったからですが……
スポンサーサイト
| GCB(ジオン) | 03:18 | トラックバック:0コメント:1
ミコト大佐マインレイヤー
こんばんわ、宇宙に地球にコロニーにところ構わず機雷を撒いているクサナギミコトです!

日々こつこつと機雷を撒いていた功績(?)が認められ先日無事に大佐に昇進が叶いました。
とりあえず個人的には目標が大佐だったので満足ですねぇ。将官って柄ではないので(笑)

さて、そんな昇格を果たした機雷デッキですが。今回は機雷デッキにおける編隊を考えていきたいと思います

大佐になったのでコストは1150までいきましたが基本的に自分の機雷デッキは機体にそれなりの機動性と回頭性等をもとめるので今までどおり高コスト2機出しが基本です。

隊長機にはガーベラテトラ+ギャン盾2枚装備に相性と能力を考えてUCシーマ様が搭乗、カスタムはオプションブースター

当初、僚機には前線に飛び出す隊長機をフォローすべくゲルググM用ビームライフルやマゼラントップ砲なんかをゲルググJに持たせて後方支援型にしていたのですが、細かい動作を欲求される機雷散布中に後方支援を上手く狙えなかった事(支援する前に隊長機が落とされる)と隊長機の盾が壊れた時に後方支援型だと修理までの間、戦線を維持することが難しいことから断念。

それならいっそ僚機も機雷散布型に変えてしまった方がいいんじゃなかろうか?という事で

シャルロッテ・ヘップナー+ゲルググMシーマ専用機PT仕様+ギャン盾2枚+オプションブースター

これでコスト400未満なので僚機からなら落とされてもコストは枯渇しません。
これに補給修理向上補正をもつ艦長(普段はギレンVer2)を母艦に乗せてマインレイヤーデッキの完成です

戦術としては落とされても予備戦力が枯渇しない&高速移動で奇襲にむいているシャルロッテ機を敵陣に特攻。
母艦と隊長機はスタート地点からマップ全体の5分の1ほど進んだところで待機。

シャルロッテ機は先手は打たれる覚悟で特攻、敵との間合いを強制的に詰めます。
このとき注意するのはリンクロックをくらって盾を複数枚破壊される事態を回避すること、機雷が散布できなくなったのでは特攻した意味がなくなってしまいますので出来るだけ盾を破壊されないように初撃をしのぎます。

初撃をしのいだら3秒の無敵時間とボーナスダッシュを利用して接敵+機雷攻撃、もしくは敵陣中に機雷を散布して機動重視で一機に離脱を試みる。

機動重視で離脱と接近をくりかえし近づいたら防御重視で青撃ち→機雷攻撃、もしくは敵の攻撃防御→機雷攻撃を繰り返していく。

そして盾が全て壊れたら母艦で待機している隊長機と交代し同じ事を繰りかえします。

ちなみに敵がもし藁系で前線をじわじわとあげてくるようならわざわざ接近して爆撃しなくとも進路上に機雷を撒いてHPをけずりながら牽制するのも手です。(4機以上の藁相手には接近するのは自殺行為ですから)

現状ではまだCPU相手にしか試せていませんがこれが上手くいけば少ない攻撃で確実に敵を落とせます、

メリットとしては
・盾を装備している機体にも盾を無視してダメージを通せる
・硬い機体相手にもコンスタントにダメージを与えることが出来る

デメリットとしては
・接近する場合非常にリスクが高い
・青撃ちを使う場面が多いがそれに対応できるほど青撃ちを多用できない(武器の青撃ちが無いため固定武器の青撃ちしか使えない為)

などがあげられます。

今後は青撃ちの玉切れが多いのでそれを見越して僚機に補給部隊なんかを付けてみようかとも思っています。

9月1日の土曜日に北海道に帰りますがどうやらすこしだけオフ会に参加できそうなので参加してからの帰省になりそうです。
それまでにもうチョット機雷攻撃の腕をあげたいですねぇ。

それでは今回はこの辺で~。次回は上記のとおりカスタムなんかをすこし考えてみようかと~・・・。

返事はいつもの通りですヨ~
[ミコト大佐マインレイヤー]の続きを読む
| GCB(ジオン) | 23:55 | トラックバック:0コメント:0
ミコト中佐機雷をばらまく
おひさしぶりです、ようやく修羅場がおわって一息なミコトです。

一息ついでに久しぶりにGCBにもいってきました!

本当に久しぶりでした……おかげで随分と腕やら勘やらが鈍りまくっていたらしく、全国対戦で5連装スリーブの一番下を機体カードにして出撃……全然動いてくれない機体に戸惑っている間に全機落とされるというありえない失態を演じてしまいました(泣)

そんなトホホな試合を演じてしまいまして全国対戦はいきなりの3連敗!後半なんとか2連勝して昇格ラインはもとに戻しましたが散々な結果でした

その後掘りに転じてCPU戦を数戦……。

CPU戦ではUCシーマを乗せたガーベラテトラ+ギャン盾二枚装備を単騎で出して機雷散布の練習に励んでおりました。

そう、バージョンアップでラストシューティングがすっかり使えなくなってしまいましたので泣く泣くラストシューティングから機雷散布にメイン戦術を切り替えたのでした(泣)

しかし、よほどの混戦でもない限りただばら撒いてもそうそう当たらないのが現状というもの、18発という機雷散布限界数量があるいじょう有効に当てていかなければいけません。

そこで今回CPU相手に実験的に使ったのが「ゼロ距離機雷散布」。

ガーベラテトラの機動力を生かして敵に一回のダッシュで詰められる距離まで接近、交戦後の無敵時間と交戦後のダッシュを利用してゼロ距離で機雷を敵に叩き込もうという作戦です。

成功すれば交差時に6発全て敵に叩き込め約5分の1から6分の1のHPを削れます。
これぞまさに攻撃的な機雷散布!攻撃のほかにマップ上でダメージを与えらればそのアドバンテージは大きい……はず!
ですがなかなか世の中思うようには行きません。この戦術ゼロ距離まで敵に接近するということがリスクが非常に高く下手をするとリンクロックをくらって一瞬で落とされてしまいます。

それを回避するために高機動力で左右後方に減速しないガーベラをオプブー付きで使っているのですがそれでもまだ十分ではなく。逆にガーベラを使っているが為に落とされれば一気に予備戦力が枯渇してしまうという綱渡り戦術……

まだ実験段階である上に使えたとしてもかなりハイリスクな戦術ですが北海道帰省までにはそこそこ実践で使えるまで練習していきたいですねぇ。

さて今回は短いですがこのあたりで~、次回は機雷散布の僚機について考えていきたいです。

それでは、また次回にお会いしましょう


返事はいつものように~
[ミコト中佐機雷をばらまく]の続きを読む
| GCB(ジオン) | 23:03 | トラックバック:0コメント:1
ミコト中佐、実に3ヶ月ぶりの更新
こんにちわ~、お久しぶりです。

実に3ヶ月ぶりの更新ということで、見に来てくださった方々長らく音信不通で大変申し訳ありませんでした。

5月以降、主に金欠が原因でGCBから遠ざかっており、6月にRアナベル・ガトーを出したあたりでジオンの欲しかったカードが殆どそろってしまった為に更に疎遠となってしまいました(汗)

基本コレクター体質の為、83での新カードの追加が少なかったのは痛かったです。
その上、7月頃久々に復帰しようとしたらヴァージョンアップで十八番のラストシューティングが超下方修正、7~9割近い命中補正も4~5割に下がりテンションも(以下略)

本日は8月の903大隊オフだったので久々の更新とあいなりました。

ちなみに久々の更新なのですが実は現在8月17日以降に開催される夏コミの原稿執筆中の為おそらくそれ以降までまた更新はなくなってしまうと思います、大変申し訳ありません(平謝り)

さて、そんな久しぶりのGCBなのですが、前記の通り十八番が取り潰しとなってしまいましたので、次のネタを探しつつも先日購入した『機動戦士ガンダム 0083カードビルダー タクティカルガイド』についてきたガンダム(MA形態)を試乗してみることに。

アナベル・ガトー(連邦士官服Ver)+オプションスラスター+ガンダム(MA形態)

ケリィ・レズナー+ヴァルヴァロ+オプションブースター

強襲型オートパイロット+ドラッツェ

母艦 ギレン・ザビ

一風変わったMA部隊の完成です

さっそくCPU戦に参戦!ヒラメみたいなガンダムに乗ってガトーが宇宙に飛び出します。

さて、このガンダムを機動重視でブイブイいわせます。ふむ、直線の機動性はMA形態だけあってまずまず。

そして次は火力、このカードはMAと同じような扱いですので武器は固定武装のビームライフルのみです。火力は至って普通ですが防御撃ちのときがバルカンなのでロックの切り合いには弱そうです。

最後が装甲、このガンダムMA形態。最初から盾を着けているので盾のあるうちは他のMAより、やや有利かもしれません。ですがこのガンダム耐久がえらい低いです!
もし間違って敵の攻撃を盾で防ぎ損ねようものなら一撃で落とされかねないほどの脆さ……もちろんこの脆さは脱出後のガンダムにも共通します。

CPU戦では難なく勝利できましたがこのガンダム正直対人戦ではネタでしかなさそうですねぇ……、これでウェポンが付けられればかなり強力なカードなのですが……。

そんなこんなで微妙な付録カードの検証などをやっている間に時間は過ぎて飲み会タイム!
2ヶ月ぶりに飲み会にも参加してきました!!

やっぱりオフ会の最大の楽しみは飲み会ですねぇ、今回は厨デッキ議論が名台詞を生み出し非常に白熱しました!ロングライフル青撃ちは厨らしいです(笑)
しかし、確かに全国ではやはり勝ちを優先したデッキが多いのは事実ですから、そういった猛者達のなかで上を目指すのであればある程度そういった要素が自分のデッキに含まれるのは仕様なのかもしれないですね~。
自分はとりあえず大佐になれればいいかなぁ~?

さて、短いですがこれで今回はここまでです。前記の通りおそらく次の更新は8月後半、遅くても9月の上旬には更新したいとおもいます~。

それではまた晩夏にお会いしましょう~。

3ヶ月ぶりの返事は↓
[ミコト中佐、実に3ヶ月ぶりの更新]の続きを読む
| GCB(ジオン) | 00:21 | トラックバック:0コメント:1
| ホーム |

プロフィール

クサナギミコト

Author:クサナギミコト
ヘッポコジオン大佐 マインレイヤーミコト

ラストシューティングは集中砲火以外のカスタムは認めない!
最近はもっぱら機雷散布の鬼

爆殺上等!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー

本日落とされたケンプファーの数
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。