FC2ブログ
ここにヘッポコGCBプレイヤーミコトのまったく輝かしくない戦歴を記す

ミコト小隊ほのぼの戦記

ミコト少尉投擲で奮闘する(後編) | main | ミコト少尉実験戦闘で不覚を取る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ミコト少尉投擲大会で奮闘する(前編)
エリナ「皆さんこんばんわ、今回このブログの進行役を勤めます連邦士官専属秘書官エリナ・グッドウィルです」

エリナ「さて今回は本来の予定を変更して先日中野で行われた「中野ゲリラオフ邪武輪王(ジャベリン)決定戦」の模様を……」

シルヴィー「ってちょっとまったぁぁぁぁ!なんで連邦の秘書官が司会をっ!!ここは(一応)ジオンのブログですっ!!!」

エリナ「……と申されましても今回はジャベリンガンダムをつかった連邦サイドの企画ですからこうして私が……」

シルヴィー「問答無用!連邦退散!!」

エリナ「ちょっとっ!そんな横暴なぁぁぁぁぁ」

ミコト「……で秘書漫才は終わったのか?」

シルヴィー「秘書漫才…ってヒドッ!指令がボーっとしているからあんな連邦の人間がブログに!!」

ミコト「まあまあ、それはとりあえず置いておいて。さっそく先日の中野ゲリラオフ邪武輪王(ジャベリン)決定戦のレポートを~」

シルヴィー「むぅ、何か釈然としませんが……まあいいです。ちなみに今回は書くことが多いので対話形式ではなくレポート形式でお送りします」

ミコト「それでは、
特殊戦局「突撃!中野ゲリラオフ邪武輪王(ジャベリン)決定戦!!」をどうぞ~」


2006年10月26日、中野のプラボ中野で一つのイベントが幕を開けた
中野ゲリラオフ邪武輪王(ジャベリン)決定戦である。
エントリーしたのは10名

・トモミチ
・SUNAさん
・ジム君
・三等兵さん
・ざっきーさん
・ボライソーさん
・ペシミさん
・リュートさん
・佑さん
そして自分である。
ちなみに大会のルールはシンプル
・メカは投擲ガンダムで固定
・コスト300~350
・ICはこちらで用意したものを使用
・母艦は右下で固定
・艦長は必ず入れること
・武器無し(ジャベリン、パンチ、バルカン砲のみ!)
・シールドは1枚のみ(ただし、攻撃できるシールドは不可)
・カスタムのIRジャケット、ルナチタニウム、壺は禁止
・引き分けの場合はHPが多いほうの勝利
ルールの関係上あまり慣れていない連邦ということで前日に用意したデッキは

パイロット:ギャリ・ロジャース
装備:ジムコマンド盾
オプション:ジェネレーター出力α(攻撃力↑防御力↓)

ガチガチの攻撃デッキである。本来は低コストで格闘回避ともに高いドアンを使いたかったのだがもっていなかったため能力値+機動重視で敵をロックしている間テンションのアップするギャリーを選択。

さて、参加者全員が対戦を決めるアミダをやり対戦表が決まる。10人参加ということで2人シードが存在するのだがシードはボライソーさんとざっきーさん。
ひそかにシード狙っていたのでちょっと残念。ちなみに一回戦の相手はペシミさん、試合は第4試合だった。

こうして戦いの幕はあがった!次々に繰り広げられる激戦、自分は第4試合なので他の人の戦法やデッキをじっくりと研究。
以外にネタの比率が高くキキがパイロットをしていたりしました!

そして自分の出番がっ……!大会初デビューです!!

ギャリー「もたもたしてると置いてくぜ?ギャリー・ロジャース、出る!」

……なんかジオンの真紅の稲妻みたいな台詞だな、と思いつつも出撃!機動重視で敵を探してダッシュします。
お互い機動重視で索敵しているのですぐに相手が視界に入ってきます
「どれどれ、相手のパイロットは……」

「…………」

「……」

「……テム・レイだってっ!!」

予想外です。いや、ガンダムを使う時点である程度予想できたはずだ。とはいえ相手は中年の科学者……Aランクパイロットであるギャリーが負けるはずが……!

ギャリー「くそっ、間に合わねえ!うわぁぁぁ!」



「………」



「……」



「…」




予想外ですよ!


「予想外です(むしろ想定外?)」

いきなり落とされるロジャー……やっちまったぁぁぁぁ!!いきなりピンチです!!おそるべしテム、おそるべしジャベリン投擲!!

しかしジャベリンは普通の格闘攻撃とちがって使える回数が2回と決まっているため(使い切った後はパンチ)落とされた場合は相手はジャベリン使い切っている場合がほとんどなのでチャンスともいえます!
すぐさま再出撃したロジャーをダッシュさせてテムを追尾、なんとかこれを沈めます。これでお互い1機撃沈、ですがパイロットのコストの関係でこちらの不利!!
ですがとりあえずジャベリン補給の為に母艦へともどります。すぐさま追ってきた再出撃テム!!

ここで他の人の試合、とくにジム君の戦法を参考に母艦の近くで戦闘をおこないます。目的は攻撃後の僅かない間に細かく補給を受けること、2本しかないジャベリンを絶やすことなく撃ち続けられるよう心がけます。相手は有利なこともあり母艦にもどらず攻勢モードだった事もあり作戦は成功、2機目のテムレイガンダムを落とす事に成功!!

なんとか逆転し局地的勝利を掴み取ることができました!

次の相手はシードのざっきーさん、こちらは先ほどと同じギャリーで出撃!!
「さぁ、次はどんなパイロットが相手だ!!」

「…………」

「……」

「……またテム・レイだってっ!!」

予想外ですよ!

「本日二度目!」




しかし本当の驚愕はこの後におこった……お互いにリンクしあいいざ第1投目!


テム「新型メカの実験台になってもらおう!」


画面にはテムのパーツと「百発百中」の文字がっ、ちょ……ハッスルしすぎだろテムゥゥゥ!!

見事に一撃で3分の2のHPが奪われ会場は沸きかえります、その後も2回の百発百中をたたき出しなんとか勝利したものの「テム恐怖症」と「ガンダムばんざーい」(テムの撃墜時セリフ)のふたつをしっかりと自分の心に刻んでくれた第2戦でした……。

テムの恐怖に震えつつも続く準決勝は若手のホープジム君!若いながらもその腕前は光るものがあると言われている強敵です。はたして勝負の行方は!(トモミチさんのブログにかいてますがw)

次回「ミコト少尉投擲大会で奮闘する(後編)」に続きます!
スポンサーサイト
| 未分類 | 20:36 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://mikotogcb.blog78.fc2.com/tb.php/6-e48dbf02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

クサナギミコト

Author:クサナギミコト
ヘッポコジオン大佐 マインレイヤーミコト

ラストシューティングは集中砲火以外のカスタムは認めない!
最近はもっぱら機雷散布の鬼

爆殺上等!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー

本日落とされたケンプファーの数
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。